オナニー鑑賞

「お金は払うから別れる前にオナニー鑑賞させてくれ。」「パパきもい。」私はこの一言でパパを切りました。私とパパの出会いはネットでした。食事だけでお金をくれると言われて交際していたけれど、食事だけでは満足いかなくなったのか私の下着が欲しい。私がオナ二ーをやっている姿をみたいなど求めるようになりました。一度オナニー鑑賞をさせたら確かにお金はいつもの倍に貰ったけれど、その時のパパの顔がマジ気持ち悪かったです。それ以来私はパパを作るのを辞めてキャバクラも辞めて普通に就職しようと思い某会社に面接しに行きました。すると、その会社の面接官にパパがいました。その時は周りにいたので直接パパに話しかけなかったけれど、夜パパからメールがあり面接に行った会社で働
女の子 オナニー
いていることが分かりました。私はこの会社を受かっても辞めようと思ったのですが、パパから「オナニー鑑賞したいとか、下着欲しい、Hし たいとか言わない。だからここで働かないか。給料も他の人より少し高めにあげるから。」私はその事もあってパパの会社で働くことにしました。最初はパパにあっても軽く挨拶する程度でしたが、時間が経つにつれて少しずつ会話も増えてきました。「仕事には慣れたか。」「うん。」「新しいパパも出来たのか。」「もう作っていないよ。」「そうか、もう一度俺をパパにしてくれないか。今度は君が嫌がることは絶対しないから、君が好きなんだ。」「彼氏が出来るまでだったらいいよ。」こうして私達の関係が復活しました。
オナフレ
オナニー指示