32歳既婚男性会社員の神待ち体験

地方の会社員なのですが、年に数回出張で東京に行くことがあります。
実は、その出張を心待ちにしている僕、なぜならウチの奥さんはものすごく性格がきつくていつも尻に敷かれっぱなしだからです。
出張の時くらい羽を伸ばしてゆっくりしたい、それが楽しみで生きているようなものです。
夜の方も主導権を握っているのは奥さんだから、僕は好きにできなくていつも欲求不満です。
まあ奥さんがあの性格だから僕も元気が80パーセント行けばいいくらいで、それも不満だとまた叱られてわけのわからない栄養ドリンク飲まされたりしているんです。
たまには奥さん以外の女性、それも純情でできれば若い女の子と楽しく遊びたいと思っていますから、出張の時はバレないようにネットで探した相手と会っていたのです。

去年初めて神待ち掲示板と言うのを利用しました。
これはテレビの報道番組で見て一度は利用したいなと思って実現したのですが、小心者なので相手の年齢確認はしっかり行い、ご飯を食べさせたのち一緒のホテルに泊まりました。
それほど高いお店じゃなかったのに、美味しい美味しいと喜んで食べてくれて、ホテルではベッドに並んで寝て夢を語ってもくれた彼女をものすごく可愛いと感じました。
その後も3回神待ちの女の子と会いましたが、どの子もすれてなくて可愛かったです。

そして今回も、神待ちの女の子を求めて掲示板を眺め、気に入った相手とメールをやり取りして指定の場所に迎えに行ったのです。
もちろん、事前にメールで伝えたとおり年齢を確認させてもらってから、お腹が空いたと言うのでご飯を食べに行きました。
その子のリクエストで行った店で他愛のない話をして楽しく過ごしましたが、周囲を見渡すと僕とその子みたいにちょっと不自然なカップルが数組いたので、あっちも神待ちかなと思ってしまいました。
店を出て歩き始めたら無邪気に腕をからませてきた彼女、僕は学生に戻ったみたいに新鮮な気持ちだけど、実際彼女はどう思っているんだろうと考えてしまいました。
ホテルに入ったら彼女は当然のようにシャワーを浴び、いいよと言って裸のままベッドに入りました。
何だかふと空しくなってしまい、そのまま眠るといいよと言ってしまいました。
かっこつけたわけではなく本当は下半身がちょっと反応したのですが、その日は我慢してしまったのです。

でも翌朝になって、やっぱり体は正直なので横に寝ている彼女を起こすような真似をしてしまいました。
めんどくさそうだったけど受け入れてくれたのは、素直にうれしかったです。
やっぱり奥さんとは違うよなと感動し、次回の出張が待ち遠しいと思った僕でした。

25歳独身OLのオフ会参加体験

某つぶやきサイトで結構有名だったある男性と出会った話です。私は特にそのサイトに書き込んだりしていたわけではないし、ネットの中の友達がいるわけでもなかったのですがなんとなくその人のつぶやきを見ているうちに会ってみたいなぁって思ったのがきっかけでそのサイトに登録。たまに話しかけたり、個人メッセージのやり取りしながら少しずつ距離を縮めていこうと思いました。そんなことをしているうちに、その人主催でオフ会が行われることになりました。これはなんとしても行かなくてはと思い、参加することにしました。まさかこんな年になってネット上で顔も知らないだれかが気になるなんてばからしいと自分でも思いましたが、ときめいている自分がいるのも事実でした。

オフ会当日、少人数ですがいつも文字だけのやり取りだった人達と顔を合わせることに若干の違和感と感動を感じつつその場のみんなと楽しく会話することができました。もちろん私が気になっていた人とも。ネットをやるような人だし正直もっと格好の悪い人を想像していましたが、普通におしゃれだし話も面白い人だったのでとても驚きました。この時点で私は好きになってしまったのかもしれません。幸い私の見た目が向こうの好みに近かったらしく、オフ会後も個人的に会うようになり、今少しずつ距離を縮めています。出会いはネットですが、自分の直感を信じて勇気を出して会ってみてよかったと思います。

勇気を出してあなたに会いたい