クリ拷問

「お前クリ拷問していること彼氏に知られたらヤバくないか。」「その前に、司とこういう事をしていること地点でアウトでしょ。」「だよな。いっそう、司と別れて俺と付き合うか。」「嫌だよ。たまにクリ拷問するのが気持ちいいし、あなたと付き合っても浮気ばかりされるから嫌だよ。」「そうか。」私は週一のペースでセフレと楽しんでいます。彼の家にはいろんなオモチャがあり、電マもあるし他の女も使っていると思うけど、それでもこの人とHを楽しんでいます。特にクリ拷問は最高。

ある日、彼氏とデートをしている時でした。カフェでセフレと偶然に会ってしまい無視すれば良かったのにセフレが私に話しかけてきました。「彼氏とデート。かっこいいね。」「どうも。」「俺、淳。こいつと中学の同級生。よろしくな。」
クリトリス攻め
図々しいセフレの態度に心臓が今にも破裂しそうな私。「こちらこそ、司です。よろしくお願いします。」「司、もう食べ終わったでしょ。早く行こう。映画が始まる。」「そうだね。では。」そう言って、私たちはその場を去りました。「なんか、お前の同級生苦手かも。こう言っちゃなんだけど、お前を見る目が嫌だ。」司は鋭い。その後映画を見て司と別れました。私はその後セフレに会いに行きました。

「どういうつもり、なんで無視してくれなかったの。」「ごめん、ごめん。許して。」そう言いながら彼は私の服を脱がせて行きました。その行為に止められない自分が悲しく感じました。
クリトリスローター
クリトリス開発