クンニ募集

私は漫画家を生業としていますが、決して売れっ子ではなく漫画以外の仕事もしないと生活していけない環境です。
男女の恋愛をメインにした体験談の漫画化や結婚式の引き出物として最近人気の新郎新婦の恋物語を漫画にしたり、そんな仕事も時々請け負っています。
自分では経験しない体験談は未知の世界で聞いていてとても楽しいのですが、時々私の経験談を聞かれる人がいるのが困ります。
だって語れるほどの経験をしていないからです。
特に多いのは「クンニってしてもらったことあります?」だった。
「クンニ募集とか、結構多いんですよ」と誘われることも。
でも抵抗心があった私は「クンニ募集」の話を聞き流していた。
そこで私はいろんなカップルのクンニ体験談を募集してみることにしました。
クンニ募集は無理でも体験談には興味あったし……
読んでいて恥ずかしくなるものや、したことで人生観が変わったという方も。
セックスとは奥深いものだとあらためて思ったものです。
そんな話を同棲中の彼に聞かせると……
クンニ掲示板
「おまっ、クンニ募集なんてするなよ。勘違いされて見知らぬ男に強姦でもされたらどうするんだよ」
「ならないよ、そんなこと。だって匿名だし」
「バカだな、そんなのわからないだろう。匿名は安全って誰がいったんだよ。とにかく、その書き込み今すぐ消せ」
そこで意固地になってしまうのも面倒と思った私は、彼の希望通りにした。
その晩……
「ちょっ、どこ舐めてんの?」
「クンニの経験したいんだろ。俺に言えばいいじゃないか。自分が経験しなきゃ意味ないだろ、クンニなんてさ。だいたい他人のセックス話聞いてなにが楽しいんだよ。ほら、足開けよ。でないと、奥の方まで舐められない」
確かに、他人のセックスなんて聞いてもおもしろいと思ったことはない。
ああ、はいはい……と聞き流すことが多い。
「ごめん、そうだね。私が経験すればいいんだよね。言えばなんでも経験させてくれる?」
「ある程度は。俺の要望も聞き入れてくれよな」
そう囁く彼の言葉は優しく、舐められることよりその心温まる言葉に私はキュンとしたのだった。